ポルシェ専門店の関東運輸局認証工場 第4-6349号車検・点検・整備・修理などお任せください

ブログ

Carrera S /991-2 ウォーターポンプ交換 

2017y  カレラS /991-2 のウォーターポンプ交換。

なんと17000km台で水漏れ、991-2はこの症状結構多発しているとの噂。

あれこれ外して、

 

ベアリングのガタも全くありません。やっぱり何故漏れるのか気になります。という事でポンプの構造を良く観察します。

バキュームホースが差し込まれるニップルから負圧をかけてみると何やらフィンの廻りからリング状のプレートが出てきます。ますます気になりますので壊してみます。

 

やはり漏れの原因は複雑になった構造の為でした。メインシャフトの廻りに3本シャフトがあり、先程のリング状のプレートを出したり引っ込めたりしています。

3本のシャフトの廻りにも小さいシールがあります。996~991-1にはこの構造は採用されておらずメインシャフトのみで大概水漏れする時はベアリングのガタ、最悪破損が原因です。

その事から推測するとこのポンプはベアリングのガタも無いのでこの小さいシールが原因と考えます。

 

 

プーリー側にダイヤフラムがあり、エンジンの負圧を利用し電磁バルブで負圧をON/OFFしているのですが、

おそらく暖機などエンジンを早く温めたい時はクーラントの流量を止めたりしているのかな?他にも理由があるかもしれません。

プーリ側に三つの穴がありますがダイヤフラムの気圧を保持する為の穴ですね。

それとクーラントが漏れてくる穴は空気のみ通る穴でちょうど反対側にも穴があり繋がっています。

おおよそ原因は推測できました。

テスターを利用してクーラントのエア抜きしますが、エンジンが作動温度に到達したらテスターの指示通りにアクセルのON/OFFを繰り返します。

そしてエンジンが冷えたらクーラントの量を再度チェックして規定量以下になっていれば補充します。なのでトータル時間のかかる作業になります。

 

コメントは受け付けていません。